TMCについて

TMC(Tomorrow Minded Crew)は主に中部地区にある企業につとめる中堅ビジネスパーソンを中心に1990年に設立されました。企業の枠を越え深く集い、真の友情を育み、自己啓発に努め、社会貢献を目指す自主研究会として設立しました。設立当初からメンバーはグループに分かれ、文化・歴史・まちづくり・政治・国際・経済など様々な角度から日本や世界の現状を学ぶ月例会を開催し、社会貢献活動の一環として市民公開でフォーラムも開催しました。市政懇親会への参加、チャリティーコンサートの開催、各種シンポジウムへの参加・主催など、様々な活動を続ける中で、時代や会員ニーズの変化に合わせながら、3つのグループによる月例会と年に2回の全体活動を行っています。

TMCの理念

 

真に豊かで夢あふれる社会への実現

 

TMCの4つの目的

組織概要

設立年度 1990年4月
代表幹事 藤田 勝久(幹事代表)
会員数 50名( 2024年2月現在)
職業 会社経営者、会社員、個人事業主等すべてにわたる
主な勤務先(順不同) トヨタ自動車、豊田自動織機、東邦ガス、デンソー、JR東海、等
プライバシーポリシー →プライバシーポリシーはこちら

入会にあたって

入会資格 

1.     入会金・年会費を負担すること
2.     月例会を原則として年間1回主催すること
3.     Eメールが常時接続できる環境にあること
会費
8,000円/年 (入会金 10,000円)
会員規約 →会員規約はこちら
入会申請書 →入会申込書はこちら

 

 

 

1 ご入会を検討いただける場合は、あらかじめ上記入会資格及び会員規約をご確認ください。
各種活動への体験参加の制度もあります。ご質問等がある場合は下ボタン【お問い合わせ】からフォームにご記入いただきご送信ください。
2 入会を希望される場合は下ボタン【お問い合わせ】からフォームにご記入いただきご送信ください。
3 申込に基づき、毎月の幹事会で確認の上、会員メーリングリストへの登録をもって会員となります。
この場合、その旨ご連絡いたします。
4 ・当会は会員が自ら自主的 /主体的に運営をする団体であり、会費を支払ってサービスを受ける団体の形態ではございません。

・入会後は、自ら月例会や会全体の企画などにも参画をしていただき、全員で会活動の運営をおこなっております。
まずは月例会にご参加いただく事をお勧めします。

 

 

入会に関するお問い合わせは下記よりご連絡お願い致します。

 

 

TMCの沿革・主な活動

設立総会

1990年4月1日

自己啓発と社会貢献を目指す中部企業の中堅ビジネスマンが集う異業種交流会。名称は「Trendy Male Club(TMC)」。名古屋東急ホテルで設立総会を開催。

飛鳥神戸クルーズ

1991年12月1日

飛鳥神戸クルーズ

商業就航前の客船「飛鳥」を他団体と合同で貸し切り、名古屋港⇔神戸港のクルーズを実施。船上でシンポジウムを開催、一般市民とともに「夢・人生」を語り合った。

中部経済新聞記事

1992年11月12日

中部経済新聞記事

中部経済新聞の「NET WORK ナウ」に、全面記事「大手企業の中堅社員が集うTMC 自己啓発と社会貢献を~議論を尽くしメッセージを発信」が掲載される。

TMCフォーラム

1993年6月1日

TMCフォーラム

愛知県21世紀万博の会場跡地に「ジパングメセリア」の建設を提言。

市政懇談会(名古屋市)

1994年9月7日

市政懇談会(名古屋市)

名古屋市の平成6年度第1回市政懇談会(市側:市長、助役はじめ幹部8名)にTMC会員10名が出席。テーマは「次世代リーダーからのメッセージ~社会人グループ”TMC”からの提言~」。

阪神大震災ボランティア

1995年4月23日

阪神大震災ボランティア

TMC会員の下垣真希さんのコンサート(しらかわホールの杮落しコンサート)の売り上げ全額をYMCAを通して神戸に寄付、あわせてメンバーが現地で阪神大震災ボランティアを行う。

TMC春の文化祭in明治村

1995年5月23日

TMC春の文化祭in明治村

博物館明治村の施設を利用して「一日先生」「料理教室」などの月例会を実施する。TMCが「Trendy Male Club」から「Tomorrow Minded Crew」となった分岐点。

飛鳥上海クルーズ

1996年8月17日

飛鳥上海クルーズ

TMC5周年を記念して客船飛鳥で、東京→佐世保→上海→神戸→名古屋のクルージングを実施、船内で様々なイベントを行う。企画運営を通して会員間の結束が強まる反面、費用等の規模が過大で、会員の価値観の相違からTMCの転換点にもなった。

みんなと夢まつり

1996年8月26日

みんなと夢まつり

名古屋港で「TMC5周年記念フォーラム」を実施。 内容は「国際社会の中で今後の日本の進むべき道」(鈴木忠雄氏)「TMC提言発表」「21世紀における中部圏の役割~愛知万博そして新首都」(堺屋太一氏)。

ダンスパーティー

1996年12月14日

ダンスパーティー

会員交流の場として、生バンドをバックに正装で本格的なダンスパーティーを実施。

万博支援活動

1997年4月12日

万博支援活動

名鉄リトルワールドで開催されたイベントに「TMC有志の会」としてブースを設け、子どもたちの万博応援メッセージを英訳して誘致委員会に届ける。

クリスマスパーティー

1997年12月13日

クリスマスパーティー

会員交流の場として、生バンドをバックに正装で本格的なダンスパーティーを実施。

TMCフォーラム

1998年12月5日

TMCフォーラム

テーマは「あなたが主役!市民参加で社会が変わる 日本が変わる」。愛知万博開催を機に、政治家、NPO組織代表者、博覧会協会部長、TMC代表者で、”市民参加”について考える。

ダンスパーティー

1998年12月12日

ダンスパーティー

会員交流の場として、生バンドをバックに正装で本格的なダンスパーティーを実施。

TMCフォーラム(1999年)

1999年2月6日

TMCフォーラム(1999年)

東京大学・ハーバード大学柳沢幸雄教授による講演とパネルディスカッション「地球環境問題の発生プロセスと解決方法」。

総会(北川三重県知事講演)

2001年7月1日

当時、政治改革の旗頭であった北川正恭三重県知事による「改革を実行する思いとは?」についての講演。伴野豊衆議院議員(元TMC会員)、古川元久衆議院議員もゲスト出演。

総会(inセントレア)

2005年7月16日

総会(inセントレア)

TMC設立15周年記念総会を開港直後のセントレアで開催。講演は元TMC会員の伴野豊衆議院議員「セントレアと地域の発展」。懇親会をクイーン・アリス&トゥーランドットにて開催する。

新生TMCに向けた抜本的改革案

2007年7月1日

時代に合わせた運営形態の見直し案を発表し、月例会の再構築など現在の体制に至る。

TMC25周年花火大会

2015年6月6日

TMC25周年花火大会

TMCフォーラム(2018年)

2018年1月20日

TMCフォーラム(2018年)

レゴエデュケーション日本代表須藤みゆき氏による講演「グローバルな多様性に対応する創造性とチームワーク」と、レゴブロックを使ったワーキング。

TMCフォーラム(2019年)

2019年1月26日

TMCフォーラム(2019年)

ホテルナゴヤキャッスル販売企画課リーダー課長補佐の加藤美和様による講演

 

 

 

 

 

TOP