フォーラム記録

TMC総会
〜着席式フルコースで楽しむ
仲島千創さん演奏による胡弓のミニコンサート〜

 


2003年7月12日(土) 14時30分〜18時40分
(受付14時00分〜)
シャインズ
総 会:5F 第2研修室
   懇親会:2F レストラン「フォーラス」
刈谷市東陽町2-18

活動記録topへ

プログラム
 
<総  会>
       @第13期収支および監査報告
       A第14期世話役体制(案)
       B第14期活動方針(案)
       C第14期予算(案)
       終了後、月例会新リーダー紹介

<休憩>

<月例会・今後のTMCを考える>
グループに分かれ、自己紹介・今後の活動内容確認今後のTMCについてフリーディスカッション

<休 憩・移動>

<懇親会>                   
       着席式フルコース
       新入会員紹介等

仲島千創さんによる胡弓ミニコンサート                           
14:30







15:15

15:30




16:30

16:40



18:00


仲島千創さん総合プロフィール

東洋音楽くらぶ・なごや主宰
名古屋ヤマハ・中日文化センター講師
二胡・胡弓・津軽三味線・Bass 奏者
ジャズ・ポピュラー・シャンソン・民謡・民俗音楽など、様々なジャンルの音楽に通じた 音楽家。洋楽・邦楽 両方の特性を生かした音楽造りを主とし、音楽のジャンルを超えた演奏活動を目指している。

二胡・胡弓奏者として 伝統的な日本の胡弓と中国の二胡で、古曲はもとより童謡・唱歌・民謡・民俗音楽・尺八曲・ライトクラシック・ポピュラーなど、様々な音楽を演奏する。ピアノ・シンセサイザーとのユニット「青の琴星」を組み、ライブハウス・レストランなどでのコンサートで、哀愁のある響きで聴衆を魅了し、各地で好評を博している。
一人芝居「女郎雛」では音楽を担当、他にもエレクトーンとのジョイントコンサート等、幅広い活躍をしている。名古屋ヤマハや中日文化センターでは、講師として広く一般の人々に演奏の楽しさを広めている。

三味線奏者として幼少のころから祖母の三味線を聴いて育ち、小学4年生の頃から本格的に習い始める。
中学生の時に聞いた高橋竹山の津軽三味線に感動し、以後津軽三味線の道に入る。
1985年、日中友好名古屋芸能団の一員として、上海・南京・蘇州を一週間に渡り演奏旅行をし、好評を博す。洋楽家としての経験を活かし、従来に無い奏法などを駆使した新しい津軽三味線を演奏する。

ベーシストとして1975年、中部地方で行われた各アマチュアバンドコンテストにおいて、賞を総なめにした伝説的インスストゥルメンタルバンド「BEAT」のベーシストとして活躍。

その活躍が認められ、愛知学院大学にベースの特待生として入学。ビッグバンドジャズの名門「Singing・All・Sars」のベーシストとして‘78山野ビッグバンドコンテストに準優勝。翌年、学生バンドとしては異例のLPレコードを発表。
卒業後、プロとして活動を始め、クラブ・ライブハウス・各イベントに出演。名古屋市民会館自主企画コンサートで、山本邦山・富樫正彦・佐藤充彦らと共演するなど、ジャズ・ロック・タンゴなど、ジャンルを問わず演奏活動を行っている。中部唯一のタンゴバンド「タンゴ・デ・ラ・エスぺランサ」のベーシストとして活躍中。 

総会
懇親会 〜着席式フルコース〜
〜仲島千創さん演奏による胡弓のミニコンサート〜

ページのTOPに